RSS

天震雷轟

覇種ドラですね
もう色々と動画も出回ってると思うのでそろそろ書きます
野良で色々と行ってきました
剣術ライリス3笛1・刀神毒剣玉鋼3笛1・大銃仙3笛1
どれも良い所もあればイマイチなところもありますね
んで一通りガチったんで今は笛かついで行ってます
野良で強敵とやってる時に笛1を回復にする戦法はかなり昔から有効ですね
私は火力4粉塵助け合いはあまり好きではないです火力が1/2以下になる時間が多いからですね
1人被弾>1~3人が武器しまって粉塵ですので
これが笛1になると火力がさがりません
笛旋律で1.3倍火力が3人なので3.9倍
被弾>笛が粉塵でいくので火力が下がりません
って事でよく参加するのですが笛をかついでる方はかなり叩いて火力貢献をしようとする方が多い
勿論正解なのでしょうが私は笛がこの様なクエに参加した場合は
攻撃旋律維持が最重要で次に保護旋律(気絶無効・麻痺無効・龍耐性UP等)維持する事により
火力3.9倍の保持と保護スキルを削った火力装備可能な戦闘員構成が可能となると思います
勿論その火力を生かすために被弾時の粉塵による回復は
被弾>安全地帯への移動>回復>戦闘復帰時間の省略を行えるので討伐時間が延びません
これには絶対条件として笛が死なないのが第一です
秘伝笛の演奏速度短縮はかなり有効ですね
以前から作成しようと思ってはいますが未だ作成してません
まぁあまり担がないのと私の場合死なない笛ってのを最重要と考えてるのであまり必要ではないです
高火力で被弾すくないPTでいつもやれる環境であれば早く演奏できて攻撃にも参加して
麻痺剣や毒剣や罠連等がかなり有効になるので笛が好きな方は当然作ってらっしゃるでしょう
って事で今回はサポート特化の笛の装備紹介あたりを書きます
覇種ドラをやる準備として最も有効なのはFコースでしょうね
火力UPと防御がみなもと効果ですので
私は今のところ無料期間を体験して不要と感じてまだ買ってないですね
現状SR全て700以上ですのでプレ不要
素材集めは紙集めと併用なので秘伝コースアシストコース不要
一通りソロ討伐できるのでアシストだけも不要
昼ごろから夜中までできる環境のためのんびり数回すことが可能なんですね
って事でみなもとを使用して火力枠で参加してなれれば根性スキル
って感じで覇種はやってます
今回も笛PTで何度も旋律切れや回復遅れを経験したため
サポ専門で笛をしました
ここで守護防具ってのを試してみました
防具をHCにするとかなりスキル値5が多いためほとんどのFXはHCまでしてました
素材にも余裕があるので訳わからずHSにも何個かしてました
そこで守護防具の特性をGoogleさんで聞いてみました
①1部位につき防御+20up
②部位数に応じてダメージを軽減5部位30%4部位27%3部位24%2部位17%減1部位10%減
①に関してはあまり意味がなさそうです
②に関して調べてみたところ軽減率=160÷(160+防御力)被ダメージ=ダメージ×軽減率
うーむ難しい
って事で参考になる数字があったので
最低ラインといわれる641で19%のってる最高値が1295で10%(9%減)
って事なので3部位の24%っていうのはすさまじい低減効果なんですね
ちなみに覇種防具の効果が有効になるには天嵐・覇種・HC武器を担いでるとき限定
って事で動画を



mhf_20130111_171402_234.jpg
武器スロット2           Lv1      ●● 文鎮珠G, 龍王珠G
ゴゴHSヘルム       (HS)  Lv7  145  ●●● 火攻珠G, 火攻珠G, 宝珠G
ゴゴHSメイル       (HS)  Lv7  178  ●●● 天力珠G, 天力珠G, 龍王珠G
オディバFXアーム    (覇)  Lv7  149  ●●● 友愛珠G, 友愛珠G, 気短珠
オディバFXフォールド  (覇)   Lv7  157  ●●● 報珠, 美声珠G
ゴゴHSグリーヴ      (HS)  Lv7  161  ●●● 痺剣珠G, 根性珠G, 笛吹珠G
服Pスロット2                    ★★  根性カフPA1

防御値:790 スロット:■0□0●17○0 火:4 水:10 雷:-2 氷:-2 龍:13

風圧【大】無効,高級耳栓,回避性能+1,早食い,幸運
根性,ダメージ回復速度+1,女神の赦し,広域化+1,笛吹き名人
火属性攻撃強化【小】

ラヴァオルタナティブ HC武器 スロ2 旋律桃黄赤
攻撃力強化【大】防御力強化【小】火耐性強化【小】龍耐性強化【大】麻痺無効 気絶無効


火力高い装備が団員にできてきてるのでサポする事が増えそうなのでHS防具も充実させてみますかね

ではヾ(・ω・)ゞ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す